2006年04月12日

真の自由〜制約から生まれる〜

「いつでもできる」は結局できない。
「いつでもやめられる」はいつかはやめる。

ことが多くないでしょうか?

たとえば、習い事。

いつでも通え、その場支払いの自由なスポーツジム。
何も制約がないと、結局行かなくなる。

いつでも習え、しかも授業料は随時な自由な英会話教室。
英語を話す、よほどの必要性がなければ、行かなくなる。

結局、何も制約がなく、自由に通えるなら、
よほどの理由がなければ、通わなくなる。

ということは・・
結局、自由がゆえに自由を得られていないのでしょうね。

自由であるがゆえに、
ジムで習いたいダンスも、自由に踊れない。
英会話も自由にできない。

自由を得るには、制約が必要。
制約とは、
時間が決めてあるということ。
資金を投資してあるということ。
どうしても達成しなければいけない理由があること。
期間が設定されていること。
等々

決まってあるものがあるから、人は動くのです。
理想は、自分で決めるのが一番ですが、
人はどうしても、甘えてしまいますからね。

自分もしくは他人ににより決めてあるものに対して、動く。

そういうことを論理に、本当に得たい自由を手にするために、今・制約を決めましょうか。
posted by eriko at 20:24| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。