2006年05月27日

達人が語る“美”の極意とは?

今日、ひさびさにテレビを観た。
といってもほんのつかのまだけど、
英語でしゃべらナイトというNHKの番組が目に留まった。

その中で、美の達人、ヘアリストOrlando Pitaの語っていた言葉に引き込まれた。
やっぱりか・・・と再確認できた。
すごく良い内容だったので、インターネットで調べたら、
英語しかのってない(汗)

翻訳ツールを使ってしても、私が聞いた訳と全然違う(唖然)

よし!自分で翻訳チャレンジ。
なるべく、放映された内容に近いものが出来上がった。
早速、美の極意を紹介しよう。


Actress Shaku has a question for the master hair
stylist.
女優の釈由美子が、世界のトップヘアスタイリストに尋ねました。

SY: I have no confidence, so what should I do?
私は自信がありません、どうしたらいいですか。

OP: You have no confidence?
あなたは自信がないの?(不思議そうな顔)

SY: Could you give some advice on how we can express our real selves? I'm not good at expressing myself, so how should I do it?
わたしたちが、どうやったら本当の自己を表現できるかアドバイスいただけますか?私は、自分自身を表現するのがうまくありません。どうしたらいいですか?

OP: I think one thing that's important is to not compare yourself to other people.
わたしがひとつ大事だと思うのが、他人と比較しないということです。
Because I think that sometimes we don't find our self-confidence if we're comparing ourselves to somebody that we think is beautiful.
なぜなら、わたしたちが美しいと思う誰かと私たちを比べるなら、しばしば自信をなくしてしまうからです。
So I think it's important to find what's unique to you because you have something that's unique to you that nobody else has.
だから、あなたらしさが何かを見つけることが、重要だと考えます。なぜなら他の誰も持っていないあなた独自のものを持っているからです。

And you know, it's your smile, it's many things.
あなたも知っているように、笑顔、そして多くのこと。
So I think that it's learning to find ourselves and not comparing ourselves to other people.
あなたらしさを見つけること、他の人と比較しないことを、習うべきだと思います。
Because some people are great at certain things, some people aren't.
なぜなら、ある人はある事柄が得意でも、ある人はそうでない。
Some people have a great body, some people don't.
ある人は素晴らしいからだを持っていても、ある人はそうじゃない。
But that doesn't mean that everybody can't be beautiful.
しかし、これはみんなが美しくなれないということを意味しているのじゃない。

Each of us has our own beauty.
私たちはぞれぞれに、それぞれの美しさを持っている。

Let that unique beauty blossom.
それぞれに美しい花を咲かせてください。


That's the philosophy of the world's top hair stylist.
これが、世界のトップスタイリストの哲学です。

But is hair the most important part of being beautiful?
しかし、美しくなるために髪はもっとも重要なパートですか?

OP: I think to be really beautiful, it's important to know yourself and to know what aspect of yourself you want to introduce to society in general, and make that the best you can - whether it's a good body or beautiful hair or beautiful makeup or a beautiful outfit.
本当に美しくなるには、あなた自身を知ること、そして、あなたが社会において紹介したいあなた自身の姿を知ることです。そして、あなたが出来るベストのものを作ってください。よいからだか、美しい髪か、美しいメイクか美しい服装か。

There are many ways to look beautiful.
美しく見える方法はたくさんあります。

No mirrors needed! Reflect on the inner you! Yes, you are beautiful!
鏡はいりません!内なるあなたを見つめてください!
そう、あなたは美しい!

以上

いかがでしたでしょうか?
やはり、自分らしさをどこまで追及できるかなのですね。
シンプルでありながら、奥が深い。


PS
(原文と違うぞとい指摘あればアドバイスくださいませね。)
posted by eriko at 00:58| 大阪 ☔| Comment(21) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月24日

自由によって自由が奪われる?

インターネットは、時間従量制からブロードバンドという常時接続が一般的になり、
電話は、ポケベルや固定電話から携帯電話になり、
好きな時間に、好きなだけ使えるようになった。
いつでもつながるようになった。

いつでもつながる自由とひきかえに、自由が奪われることがしばしば起こる。

時間を決めずに、ネットサーフィンをすると、意図した方向から大きくずれることがある。
いつでも見てしまうがために、何かの返答が返ってこないと、こころがそこに縛られる。

いつでもつながる携帯、自分が本当に集中したいときに、中断されることがおきる。
メールの返答が返ってこないと、返答が気になる。こころがそこに縛られる。

結局は自由とひきかえに、自由が奪われている。

私は、それに近い傾向があった。
はまりかけていた。

本来、有能な家来であるはずのツールが、
アルジになってしまっていた。

だから、自由な環境であるがゆえに、
その自由をコントロールし、自己管理していく能力が要求される。

テレビにタマシイ奪われていないか?
マスコミが自分の意見になってないか?
携帯によって、自由奪われてないか?
インターネットの世界に埋もれてないか?

常に、自分主導で、物事をとらえていきたい。
posted by eriko at 21:28| 大阪 ☀| Comment(30) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月21日

瞑想〜ココロにアクセス〜

最近、瞑想が、マイブーム。
瞑想といっても、どこかの修行僧がする本格的なものじゃなく、ごく簡単なもの。

あらゆる問題にぶちあたると、
いったん行動をとめ、
軽く目を閉じ、息を自然に深めながら、リラックスする。

すると自然に、過去からのソースや、あらゆる情報源にアクセスされ、ぽこっと解決策や気づきがでてくる。

まさしく・・・インターネットにキーワードを入れて検索したら、それに関する事柄が表出してくるように。

でも、インターネットより、人間の脳は、与えられた問題すなわちキーワードに対し、的確な答えを提示してくれる。
その人独自のココロへのアクセスができる。

大概、身にかかるいろんな問題は、自分の深層に根本原因やヒントが隠されている。

だからこそ、一般的な占いや人に相談することよりも先に、
自分のココロにアクセスしてみたらどうか。

最近、しばし立ち止まることをし、自分アクセスをしている。
効果は大ですよ☆
posted by eriko at 17:25| 大阪 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月01日

子犬の旅立ち〜恵み〜

とうとう、一匹残して、残り5匹全員が旅立ってしまいました。

あーこれで落ち着くかな^^と肩の荷をおろした、自分が顔を覗きました。
でも・・一瞬で消えてゆきました。

今でも、庭を見ると、彼らが意気揚々と、可愛い足どりで走り回っているようです。
今でも、彼らのぬくもりが腕の中で感じられます。
今でも、純真無垢なまなざしがこちらをじっと・・
残像がいたるところに、ちりばめられています。

今でも、彼らが眠っている間の夢のなかで、
わたしたちのそばを走り回っているようです。

彼らにとって、この二ヶ月間は最高に楽しかった時間。
お母さんがいて、一緒に遊ぶ兄弟がいて、優しく見守るファミリーがいて・・・

私たちが寂しい以上に、子供たちはもっと・・お母さんももっと・・・。

ぽっかりとこころに穴が空いたようです。
時間をかけてゆっくりと埋めていくしかありません。

荷を持つことは、一時期面倒なことかもしれません。
手間のかかることかもしれません。

でも、それ以上に恵みをもたらしてくれることがあるのですね。
今回は、お金で決して換算できない、貴重な貴重な・・恵みを頂きました。

朝出かける前に、一匹残ったモモに挨拶しました。
足にじゃれついて、履こうとした靴のなかに、モモが先に可愛い前足を入れてしまいました。

そんな一シーン、愛おしいです。

彼らが早く自立して、それぞれのファミリーに多くの恵みをもたらしてくれますように・・・そして彼らが末永く健康で幸せでありますように。
こころから祈っています。
posted by eriko at 21:37| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。