2006年05月24日

自由によって自由が奪われる?

インターネットは、時間従量制からブロードバンドという常時接続が一般的になり、
電話は、ポケベルや固定電話から携帯電話になり、
好きな時間に、好きなだけ使えるようになった。
いつでもつながるようになった。

いつでもつながる自由とひきかえに、自由が奪われることがしばしば起こる。

時間を決めずに、ネットサーフィンをすると、意図した方向から大きくずれることがある。
いつでも見てしまうがために、何かの返答が返ってこないと、こころがそこに縛られる。

いつでもつながる携帯、自分が本当に集中したいときに、中断されることがおきる。
メールの返答が返ってこないと、返答が気になる。こころがそこに縛られる。

結局は自由とひきかえに、自由が奪われている。

私は、それに近い傾向があった。
はまりかけていた。

本来、有能な家来であるはずのツールが、
アルジになってしまっていた。

だから、自由な環境であるがゆえに、
その自由をコントロールし、自己管理していく能力が要求される。

テレビにタマシイ奪われていないか?
マスコミが自分の意見になってないか?
携帯によって、自由奪われてないか?
インターネットの世界に埋もれてないか?

常に、自分主導で、物事をとらえていきたい。
posted by eriko at 21:28| 大阪 ☀| Comment(30) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。