2006年05月27日

達人が語る“美”の極意とは?

今日、ひさびさにテレビを観た。
といってもほんのつかのまだけど、
英語でしゃべらナイトというNHKの番組が目に留まった。

その中で、美の達人、ヘアリストOrlando Pitaの語っていた言葉に引き込まれた。
やっぱりか・・・と再確認できた。
すごく良い内容だったので、インターネットで調べたら、
英語しかのってない(汗)

翻訳ツールを使ってしても、私が聞いた訳と全然違う(唖然)

よし!自分で翻訳チャレンジ。
なるべく、放映された内容に近いものが出来上がった。
早速、美の極意を紹介しよう。


Actress Shaku has a question for the master hair
stylist.
女優の釈由美子が、世界のトップヘアスタイリストに尋ねました。

SY: I have no confidence, so what should I do?
私は自信がありません、どうしたらいいですか。

OP: You have no confidence?
あなたは自信がないの?(不思議そうな顔)

SY: Could you give some advice on how we can express our real selves? I'm not good at expressing myself, so how should I do it?
わたしたちが、どうやったら本当の自己を表現できるかアドバイスいただけますか?私は、自分自身を表現するのがうまくありません。どうしたらいいですか?

OP: I think one thing that's important is to not compare yourself to other people.
わたしがひとつ大事だと思うのが、他人と比較しないということです。
Because I think that sometimes we don't find our self-confidence if we're comparing ourselves to somebody that we think is beautiful.
なぜなら、わたしたちが美しいと思う誰かと私たちを比べるなら、しばしば自信をなくしてしまうからです。
So I think it's important to find what's unique to you because you have something that's unique to you that nobody else has.
だから、あなたらしさが何かを見つけることが、重要だと考えます。なぜなら他の誰も持っていないあなた独自のものを持っているからです。

And you know, it's your smile, it's many things.
あなたも知っているように、笑顔、そして多くのこと。
So I think that it's learning to find ourselves and not comparing ourselves to other people.
あなたらしさを見つけること、他の人と比較しないことを、習うべきだと思います。
Because some people are great at certain things, some people aren't.
なぜなら、ある人はある事柄が得意でも、ある人はそうでない。
Some people have a great body, some people don't.
ある人は素晴らしいからだを持っていても、ある人はそうじゃない。
But that doesn't mean that everybody can't be beautiful.
しかし、これはみんなが美しくなれないということを意味しているのじゃない。

Each of us has our own beauty.
私たちはぞれぞれに、それぞれの美しさを持っている。

Let that unique beauty blossom.
それぞれに美しい花を咲かせてください。


That's the philosophy of the world's top hair stylist.
これが、世界のトップスタイリストの哲学です。

But is hair the most important part of being beautiful?
しかし、美しくなるために髪はもっとも重要なパートですか?

OP: I think to be really beautiful, it's important to know yourself and to know what aspect of yourself you want to introduce to society in general, and make that the best you can - whether it's a good body or beautiful hair or beautiful makeup or a beautiful outfit.
本当に美しくなるには、あなた自身を知ること、そして、あなたが社会において紹介したいあなた自身の姿を知ることです。そして、あなたが出来るベストのものを作ってください。よいからだか、美しい髪か、美しいメイクか美しい服装か。

There are many ways to look beautiful.
美しく見える方法はたくさんあります。

No mirrors needed! Reflect on the inner you! Yes, you are beautiful!
鏡はいりません!内なるあなたを見つめてください!
そう、あなたは美しい!

以上

いかがでしたでしょうか?
やはり、自分らしさをどこまで追及できるかなのですね。
シンプルでありながら、奥が深い。


PS
(原文と違うぞとい指摘あればアドバイスくださいませね。)
posted by eriko at 00:58| 大阪 ☔| Comment(21) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。