2006年02月13日

献血〜分け与えるってさ編〜

今日、献血をした。

というより、献血を試みた。
が・・・しかーーし。

看護婦さんから通告。

あなたは自分のことが一杯一杯で、他人にあげられるほどの余裕がなさそうなので、今回は・・・と、おみやげにジュースを頂いた。

今日がたまたまそんな日だったようである。
体調の良い日があれば、可能であるわけで・・

確かに、昨日までが、いろんなことを自分で悩んでいたり葛藤していたりしていたので、
少しふらふらしていたのだ。でも、今日はいけると思った。のだぎゃ。

そう。。まさしく自分のことで一杯一杯状態。

血にでてるんやなぁぁぁ


心と体は密接に結びついているというが、
血の中にも自分が表れているとは・・・感服!

妙に納得。

頭の中で、、そうそうそうやねんなぁぁぁ・・と!

こんなときは、無理をして、血を他人に分け与えている場合やないんや。

自分の血を造血させ充実させることが先決や。

人生でも一緒!
自分のエネルギーをまず充填させよう〜。

分け与えるほどのエネルギーがないなら、無理をせず自分のことに集中しよう〜!
そう思えた。

献血でひとつ、気づけました。

献血って最高さ!!いぇい
posted by eriko at 02:21| 大阪 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
献血に行こうという意欲が素敵ですね。なかなか分かっていても「時間がない」なんていう言い訳で献血車の前を無視して通り過ぎたり。
一応骨髄バンクとドナー登録はしているのですが・・・。
社会貢献の機会を持つには自分に余裕が要りますね。
Posted by 5 at 2006年02月13日 08:52
そうですね。
社会貢献をするには・・・・
自分の余裕がいるのだぁ!と痛感した一日でした。
血がないのに分け与えることは、できないってね。
Posted by えりこ at 2006年02月14日 03:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。