2006年02月19日

質問の力〜ダイヤモンドクエスチョン〜

自らが富を掴むための、ダイヤモンドクエスチョン。

ある会社主催で、ジェームスアレンの講演会を知人から招待していただきました。
早速そこで聴いた内容をパクリ・・いや!シェアさせていただきます。
ありがとうございます。

ダイヤモンドクエスチョン

1.私が本当に求めているものは何か?

2.私の夢は具体的で現実的か?
  もし、富士山の5合目からではなく1合目から登ったら、一億円もらえるとしたら?
  不安や恐れは頭の中でしかない。
  同じように、夢を五感を使って感じ取れれば?

3.それは継続的な収入ですか?
  今朝は昨夜より金持ちか?

4.ダイヤモンド(富)を見つけ出すシステムを持っていますか?
  成功するにはシステムがある。
  たくさんの中から、REALダイヤモンドを見つけ出すシステムを持っていますか。

5.何を信じれば良いのでしょうか?
 
7.自分の道を見つけるまでやり通していますか?
  あなたの道を見つけるまで創造的に動いていますか?

6.期限と因果関係を設定したか?
  もし達成しなかったら大変なことになるとどうなるか?

8.これから、何を学ぶのか?
  現象から、あなたは何を学ぶのか?

9.もしも私の人生がかかっているとしたら?
  命がけで取り組んでいますか?

10.啓発されるのか?
  明るい良いお金を蓄え、使っていますか?

最近、質問の力はすごい!と思っている。
教えられるより、質問されると押し付けがましくなく、自然に答えを自分で探し出し納得する。
ナチュラルモチベーション。

客観的に導き出される自問自答。

自然にわき上がる自発性。

あ〜すごい。常に、自分に問いかけ、成功への岐路を創っていこう。
posted by eriko at 02:58| 大阪 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Posted by あらら at 2006年02月19日 08:21
おはよう。

素晴らしいですね、僕も参加してみたかったです…。

僕は昨日、自分が取り組んでいるビジネスの勉強会へ行ってきました。

締めで社長がお話して下さいました。

守破離…大切だと。

まずその道の成功者を真似る…まねる…まなぶ。

A-〇〇〇〇を実践する事がやはり自分の望みを叶える為には、一番近道だ。

それには昨日、社長が話されたまず真似る事が大切だ…一緒の時間を作る(何より最優先する)。

一緒に相談しながら仕事を進める中に、凄い秘訣が隠されてるんやなぁ〜。
Posted by あらら at 2006年02月19日 08:49
初めて書き込みます!
「質問の力」って本当にすごいですね。特に自問自答によってのとてつもない気付き。

これは子供の頃に「なぜ?」「どうして?」って誰もが経験してきたはずなのにいつの間にか、
「知ってるつもり」「わかってるフリ」でごまかしてしまってるんでしょうね。

“大人は大きくなった子供”とある方がおっしゃってましたが、その通りだと思います。
大人になった今だからこそ、自らに質問を投げかけることによって子供の頃には気付けなかった大きな答えを見出せるのではないでしょうか^^
Posted by ジャック at 2006年02月19日 15:18
あららさん。
なるほど!そうですね。守破離!
相談するというのは、そんな大きな意味が包有していますね。

ジャックさん。
ようこそ☆大人になってからこそ、大きな答えを得れる!なるほどそうですね。新たな気づきがありました。
ありがとうございます!
Posted by えりこ at 2006年02月20日 00:35
ここ何年も自分がいったいどうしたいのか悩み続けていました。
何が本当にしたいのか。
自分は何になりたいのか。

本当に苦しい心の葛藤の連続でした。

そして、今は行き先も今やることも明確になりものすごく心が安定しています。
毎日が凄くシンプルで楽しいです。

自問自答してもがき苦しんだ後にこんなにも澄み切った状態になれるとは思いませんでした。
もがいている最中はいったいいつまでこれが続くのだろうと余計不安が募って、更に苦しくなっていました。

でもそこから抜け出すと、あっけないくらい楽になれました。ありがたいです。

自分に問いかけ続ければ必ず答えは見つかりますよ。

Posted by 5 at 2006年02月20日 08:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13442640

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。