2005年04月09日

春の訪問者

朝いつも通る道の両脇には、木々がたくさん植わっている。
その木々の上の方から鳥たちの声がよく聞こえてくる。

今日は、その鳥の鳴き声のなかでも、ひときわ綺麗で高くよく通る、伸びの良い声が上から聞こえてきた。

「ほーほー・・ほーけ ほーころころ ほーけきゅ・・」

もしやホトトギス?

見上げてみては姿はわからねど、頭上でそのとつとつとした声はよく響く。

よく聞いてみると、完成型の「ほーホケキョウ!」にまでいくのに練習しているかのようだ。

そう・・その声の趣から感じ取るに、朝から発声練習しているかのように聞こえた。

私は思った。ホトトギスははじめからあんなに綺麗に鳴くものでなくて、練習していき上達するのだと。

本当に綺麗な声で発展途上の鳴き方を聞くと、とっても微笑ましくて、心の中で がんばれ と思ってしまう。

わたしもあのホトトギスのように、練習していきながらいつか立派な声を響かせるようになりたいと思った朝のひととき

かわいい春の訪問者に感謝。
posted by eriko at 02:00| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2858989

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。