2005年09月11日

繰り返し報われること

魅力的な唇のためには
優しい言葉を紡ぐこと

愛らしい瞳のためには
人々の素晴らしさを見つけること

スリムな体のためには
飢えた人々と食べ物を分かち合うこと

人は物よりもはるかに多く回復し、復活し、
生き返り、再生し、報われることが必要なのです。

繰り返し 繰り返し 報われることが・・・

年をとると 人は 自分に
二つの手があることに気がつきます。

一つは 自分を助けるため
もう一つは 他者を助けるために

オードリーヘップバーン


私は、この言葉が私の中に流れてきたとき、私の中に衝撃が走りました。

この言葉の意味をまだ私は理解できていないかもしれません。

ただ、もう一人の素の自分を愛することが出来たなら、そのまま他人を愛することが出来るのではないか、と思い、

そして、人は
繰り返し 繰り返し 報われることができること。

一回の挫折で、いつまでも落胆することなく、
何度だって、やり直しはできる。

命ある限り。



posted by eriko at 13:39| 大阪 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
6、7年前かな、神戸大丸で、ヘップバーン展をやっていて観に行ったとき、展示物の最後にこのコトバが展示されていて、私の心にも衝撃が走ったよ。

晩年になっても、妖精の役が似合ったのは彼女だけだね。

Posted by レイ at 2005年09月12日 12:22
レイさま!こんにちは。
同じところで共鳴でき、嬉しく思います。
オードリーといえば、やはり「ローマの休日」の彼女の印象が心にやきついています。美しい言葉遣い、立ち振る舞い・・・まさしく妖精のようです。

彼女が最期の一生を、貧しい子供たちに捧げたのも、彼女の幼少時代が決して恵まれていたわけではなかったことから、なにかしらの意味が伝わってきます。

彼女の気品ある笑顔は、歳を経るごとに愛が滲出る笑顔に変わっていったと思いますね。
Posted by えりこ at 2005年09月12日 16:46
やり直す勇気をもつことですね。
Posted by ながれ at 2005年09月14日 22:03
愛は自分だけでなく、他のココロをも
大きく包む。愛は命ある限り・・・続く
Posted by bluelog at 2005年09月15日 00:04
>ながれさん
そうですね。何度だってやり直せるのだから、少しの勇気を出して前へ進むことですね!
>Bluelogさん
愛は命ある限り続く。
愛の力は偉大ですね。
人の性格さえも変えてしまうかもしれません。
Posted by えりこ at 2005年09月16日 09:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。