2005年09月23日

真のコミュニケーション

コミュニケーション。

いろいろなコミュニケーションの方法がある。

電子文字のコミュニケーションが、最近になり、かなり増えてきている。

メール、インターネット・・・

いくらパソコンに強くなったとしても、メールをいっぱい打てたとしても、
それが、イコール、コミュニケーションができているとは限らないと、最近特に思う。

あくまで、そういうデジタルツールは、情報伝達の一手段であり、決して、双方向の真のコミュニケーションにはつながらないのではないか。

そして、コミュニケーションができていると、思いこんでしまう、または錯覚してしまうところに、落とし穴がある。

私もはまりかけていた。

簡単で便利に送れるようになったからこそ、なかなか返事が返ってこなかったり、思うようなやりとりができなく、イライラすることも多々あった。

そして、電子文字に頼っていた自分を見つけた。

コミュニケーションができていないことに気づいた。

だから、会う>>電話>手紙>メール

きっちり、優先順位を把握しておくことだ。

そして、言葉の運び方を学ぼうと思う。
posted by eriko at 00:04| 大阪 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログ読んで、ついついその人のひととなりを知ってる気になってしまう最近のわたち・・・
でも、だから余計会いたくなってしまうのよね〜(^^;
えりこさんにもいつかお目にかかりたいわん♪

ちなみに、手紙魔なので文通でもOK(笑)
Posted by まどか at 2005年09月23日 08:34
文通〜!いいですね。

文字には、伝えたいことを集約させて渡す役割もあるし・・

手紙は好きです。

そして、まどかさんとも是非お会いしたいです!
Posted by えりこ at 2005年09月23日 23:53
おひさしぶりです!

コミュニケーション手段が増えてメールなどで簡単にやりとりが出来るようになってきましたが、やっぱり贈り物などには葉書などで返事を返したりします。

やっぱり大切な話は会って話さないと行き違いが多かったりするので、えりこさんの意見には賛同できます。

こんな便利な時代だからこそ、時間を割いて、電車などを乗り継いで、わざわざ会いに来てくれたりすのは嬉しいですよね。
Posted by でらいと at 2005年09月27日 18:44
でらいとさん お久しぶりです!
そうですね。
逆に、そういった方法は新鮮に感じるので、喜んでもらえますね。
デジタルツールは、アナログの出会いをより良いものとして、バックアップする脇役であると思います。
主役ではないですよね。
だから、うまく使いこなす術も身に付けておくと、いいかもしれません。
Posted by えりこ at 2005年09月28日 10:46
まず実際に会ってコミュニケーションを取れることができる事が重要です。それができてこそメールのような文字の会話が生きます。基本が狂ってる人が多いようですね。
Posted by ながれ at 2005年09月29日 21:20
ながれさん、そうですね。
基本がどこにあるかというのを、常に意識することですね。
デジタルな文字の背景にある、人の心に触れることがなければ、無味なやりとりになってしまう危険性もあります。日々気をつけているところです。
Posted by えりこ at 2005年10月04日 20:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7210641

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。