2005年11月29日

自分の知らない自分

昨日、29歳の社長とお会いした。

彼は非常にビジネスセンスに長けている。

話を聞いていて感銘を受けた。
そして第六感のようなものも持ち合わせている。

彼には、「自分の知らない自分」を指摘された。
正直、素直に受け入れなかった。

でも最近、いろいろな人とお会いしていくなかで、
この「自分の知らない自分」によく出会う。

客観的に他人から見る自分と、自分が思っている自分とは違うようだ。

自分の思いこんでいる自分は、とても領域が狭い。
自分の知らなかった、もしくは認識していなかった、目を瞑っていた自分を認識すると、
新たな自己が誕生する。領域が広まる。

私は、謙遜や守りという殻に逃げ、知らなかった自分を無視していたかもしれない。

自分が認めていなかった自分を認めてあげようと思う。

自分が経験してきたこと、財産、価値観、もう一度見つめなおして、認め、
磨き上げたい。


posted by eriko at 16:50| 大阪 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
出会いの中から常に新しい自分って言うか、認めていない自分、知らなかった自分に気付ける!

自ら気付く事もあれば、気付かせてもらう事もある。

他人と比べると、人はあーだ・こーだと考えてしまう。

マイナスな所に目を向ける習慣から、プラスな所に目を向ける習慣!
日記の内容も表情も、言葉も以前と大きく変わったえりこさん。

もっと素晴らしい・とても素晴らしい自分自身を認めてあげて!

褒めてあげて!

どれだけ素晴らしい人でも、成功者も周りからみたら本当に素晴らしいと思う。

しかし、他人をみて自分は…と思ってしまうと、心の中の自分がかわいそう。

あれだけ頑張った自分、殻を破った自分を思いっきり褒めてあげて!
Posted by あらら at 2005年11月29日 19:44
ありがとう。

あららさん、コメントの意味が少しわからない・・
私の文章があいまいでしたね。

私、自分がかわいそうなどと思ってません。

自分の知らない自分は、とても「いい」ことなのです。
あなたは、素晴らしいセンスを持ってますよ、と言われたのです。

才能を活用していない、もったいないと言われたのです。

だから、認めてもいいかなと思えたのです。

だから、人は誰でも、自分が気づいていない、素晴らしいものを持っているのだと伝えたかったのです。

Posted by えりこ at 2005年11月29日 23:10
ごめんなさい、僕の理解不足&思い込みでコメントしました。

最近のえりこさんは凄い変わり様ですもんね。

その進化に、僕がついて行けてなかったです。

やはり、グラスを空にして接して行く事だと気付かせてもらいました。

ありがとう!

Posted by あらら at 2005年11月30日 00:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。